メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日章学園 福山主将「初出場なので失うものはない」

センバツ出場決定の報告に指を突き上げて喜ぶ日章学園の選手たち=宮崎市で2019年1月25日、津村豊和撮影

 25日に大阪市北区の毎日新聞大阪本社で開かれた第91回選抜高校野球大会の選考委員会で出場校32校が決まった。初出場の日章学園は、決勝で敗れた昨夏の宮崎大会など、近年はあと一つのところで甲子園に手が届かなかった。昨秋の九州大会も4強入りしたものの、準決勝で明豊に完敗。選手らは「選ばれないかも」と気をもんでいただけに喜びもひとしおだった。

 昨秋の宮崎県大会は寺原と石嶋の2本柱を中心に勝ち上がり、九州大会では2番・深草や森永、平野らの中軸が好調で、強豪の九州国際大付(福岡)に打ち勝った。主将の福山は「初出場なので失うものはない」。まずは甲子園初勝利を目指し、夢は大きく優勝を狙う。

毎日新聞のアカウント

4月3日の試合

話題の記事

関連サイト