メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

頂点見据え

19センバツ星稜/中 打線の要、1年生躍動 内山選手「嫌がられる打者に」 /石川

1年生で星稜の主軸を担う(右)知田爽汰選手、(左)内山壮真選手=いずれも東京都新宿区の明治神宮野球場で、岩壁峻撮影

 新チームの打線で主軸を担うのは3番・知田爽汰、4番・内山壮真の両1年生選手。星稜中時代は知田選手が投手、内山選手が捕手としてバッテリーを組んだこともある盟友だ。伝統校の中心という使命を背負いながら、フレッシュな躍動感でチームに勢いを与えている。

     内山選手は入学直後から正選手に定着。172センチ、72キロと大柄ではないが、パンチ力のある打撃が魅力で、昨夏も3番に座った。「野球人生で初めて」という4番。「一番の仕事は本塁打だと思っていた」。今春卒業する竹谷理央前主将、南保良太郎選手という長距離打者を身近に見ていたからか、その姿を追い自分を見失いかけた。長打を狙うあまり、コースを絞ることなくバットを振って簡単に打ち取られることもあった。

     ただ、悩みから抜け出すきっかけになったのも竹谷、南保両選手だった。選球に必要なことは、打球の芯のとらえ方は--。先輩たちに何度も質問を投げかけた。見いだしたのは「安打プラス本塁打」という考え。時には短打でもいい。大事なのは、状況に応じた打撃をすることだった。「投手に嫌がられる打者は四球が多い。そんな選手にもなりたい」と言える境地に達した。

     知田選手が秋の公式戦で残した打率は3割6厘。及第点とも言える数字にも、「3番として力が出せなかった」という思いが頭をもたげる。固め打ちをしたと思ったら無安打に終わることもあり、ムラを克服して確実性が欲しいところ。取り組んでいるのが、バットを縦に振り下ろして球の芯をとらえる練習だ。いっぷう変わった姿に見えるが、手首の使い方や体を開くタイミングを会得するには効果的だという。「この練習が春につながれば」と黙々とスイングを重ねる。

     同世代を引っ張る役割を期待される一方で、素顔は初々しさが残る。奥川恭伸投手(2年)に取材が集中するのを見て、知田選手は「自分もああいう風になりたいな」。鮮烈な印象を春に残せば、その願いも早いうちに成就するかもしれない。【岩壁峻】

    毎日新聞のアカウント

    4月3日の試合

    話題の記事

    関連サイト