メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
等身大の球児

平成の歩み/上 丸刈りルール根強く 「伝統」と「多様性」に揺れ

試合後にベンチの前で整列する慶応のナイン。丸刈りにしている選手は少ない=阪神甲子園球場で2018年8月、津村豊和撮影

 「高校野球を駄目にしている」。2005年の第77回センバツで45年ぶりの出場を果たし、18年の春夏を含め平成に入り計6回甲子園への切符をつかんだ慶応(神奈川)。学校関係者によると、全国の舞台に臨むたびに部員の髪形に批判的な電話がかかってくる。

 現在65人のうち丸刈りは数人。大半はスポーツ刈りよりやや長い。赤松衡樹(ひろき)部長(42)によると、「画一的に丸刈りでないといけない理由はない。自分たちで考えていこう」と指導しているという。

 球児の「定番」とも言える丸刈り。日本高校野球連盟が加盟校を対象に1993年度から5年に1度実施して…

この記事は有料記事です。

残り763文字(全文1032文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. スコール疑似体験 「めっちゃ降ってびっくり」 福岡市植物園 /福岡

  2. 明石商、準決勝前にグラウンドで汗 「良い状態保てている」中森はマッサージでケア

  3. 移転する「おふくろの味」警察署長が感謝状 滋賀・高島

  4. カジノ誘致 横浜市が表明へ 林市長、週内にも

  5. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです