メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
等身大の球児

平成の歩み/中 上下関係改善、好成績に

傷んだボールの仕分けをする花咲徳栄の上級生の部員ら=埼玉県加須市の同校グラウンドで2019年1月31日、加藤佑輔撮影

 高校野球で重んじられてきた、部内の厳しい上下関係。そのあり方を見直し、全国の頂点に立つ高校が続いている。

 花咲徳栄(埼玉)では、グラウンド整備や用具の片付けなど雑用はすべて上級生がこなす。2001年からチームを率いる岩井隆監督(49)は言う。「1年生は学校生活など環境の変化に対応するだけでも大変。『雑用は下級生』という伝統をなくして、野球に専念させたかった」

 15、16年と続けて夏の甲子園に出場したが、目標の日本一には届かなかった。「大きな改革が必要」。そ…

この記事は有料記事です。

残り602文字(全文833文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  2. 「平和の少女像」作家が中止後初、表現の不自由展会場を訪問 「かわいそうで涙が出た」

  3. 大野氏初当選 埼玉知事選 与党系との一騎打ち制す 野党共闘に弾み

  4. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  5. 救急車が道を間違え搬送遅れ 男性死亡 消防局「因果関係ない」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです