メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

等身大の球児

平成の歩み/中 上下関係改善、好成績に

傷んだボールの仕分けをする花咲徳栄の上級生の部員ら=埼玉県加須市の同校グラウンドで2019年1月31日、加藤佑輔撮影

 高校野球で重んじられてきた、部内の厳しい上下関係。そのあり方を見直し、全国の頂点に立つ高校が続いている。

 花咲徳栄(埼玉)では、グラウンド整備や用具の片付けなど雑用はすべて上級生がこなす。2001年からチームを率いる岩井隆監督(49)は言う。「1年生は学校生活など環境の変化に対応するだけでも大変。『雑用は下級生』という伝統をなくして、野球に専念させたかった」

 15、16年と続けて夏の甲子園に出場したが、目標の日本一には届かなかった。「大きな改革が必要」。そ…

この記事は有料記事です。

残り602文字(全文833文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

  3. 金哲彦のレース展望・解説 “MVP”前田穂南は五輪メダル級の力 男子「4強」は冷静さ欠く

  4. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  5. 北村地方創生相 ダム建設「誰かが犠牲に、という積極的なボランティア精神で」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです