メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

等身大の球児

平成の歩み/下 最新技術もコーチ役に

データを見ながら、赤沢賢祐部長(左)の指導を受ける塩田開都選手(右)ら呉の選手たち=山崎征克撮影

 2月上旬、呉(広島)のグラウンド。選手たちはトス打撃でフルスイングすると、赤沢賢祐部長(40)が手にしたタブレット端末をのぞき込む。「よっしゃ、MAX(最高値)いったぞ」。昨秋の公式戦でチーム最多安打の塩田開都選手(2年)が笑顔を見せた。

 第91回センバツ(3月23日開幕)に出場する同校は2018年秋、バットのグリップエンドに専用センサーを装着し、球が当たる瞬間の加速度などを測定できる「スイングトレーサー」を取り入れた。データはすぐにタブレットに送信。塩田選手は「意識して筋力を鍛えた。バットの軌道で飛距離も変わることが分かった」と手応えを口にした。スイング速度は時速137・5キロ。1カ月半前と比べ12・8キロ速くなった。

 スポーツ用品大手のミズノ(大阪市)が開発し、本体価格は約3万円。呉のように公立高も手の届く価格だ。中村信彦監督(64)は「私は仕組みが分からないが、良いものは取り入れる。数値化されるので分かりやすく、選手の競争意識も高まる」と効果を認める。

この記事は有料記事です。

残り536文字(全文972文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋市、幼稚園も休みに 河村市長が方針 卒業式も中止

  2. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  3. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです