メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
チャレンジ若鮎

米東・選手紹介 第2部/3 岡本大翔内野手/諸遊壮一郎内野手 /鳥取

 <第91回選抜高校野球大会 センバツ>

    チーム一の長打力 岡本大翔(ひろと)内野手(1年)

    米子東の岡本大翔(ひろと)内野手=鳥取県米子市勝田町の同校で、園部仁史撮影

     188センチの大型遊撃手。長打力を買われてトップバッターを任され、マウンドに上ることも。米大リーグの大谷翔平選手のような“二刀流”を地でいく、成長盛りだ。

     昨秋公式8試合では本塁打1本を含む長打6本はチーム一。投げては長身から投げ下ろす141キロの直球は球速以上の伸びを感じ、相手打者が打ち崩すのは容易ではない。

     課題は守り。守備範囲を広げるため、瞬発力を鍛える練習に集中して取り組んでいる。甲子園では主戦、森下祐樹投手(2年)を援護する機会も想定されることから変化球の習得にもいそしむ。

     好機の打席では「絶対に打つ」「逆転する」と気持ちを口に出すのがルーティンだ。声にすることで集中力が増すためだ。

     バレーボールも好き。体育の授業では威力あるスパイクを次々と決める。【園部仁史】

    確実な捕球で貢献 諸遊(もろゆ)壮一郎内野手(2年)

    米子東の諸遊(もろゆ)壮一郎内野手=鳥取県米子市勝田町の同校で、園部仁史撮影

     グラブさばきにセンスが光る三塁手。「目立ったプレーではなく、確実な捕球でチームに貢献したい」と意気込む。

     「(身長160センチ台前半と)体格が似ていて同じ内野手」の福島康太主将(2年)をライバル視。福島主将も「刺激し合っている」と相乗効果を口にする。

     得意の守備は1年時から自主練習で多い時は1日100球以上のゴロを捕球。打球への一歩目の出足を早くすることを心掛ける。悔いが残るのは昨夏の鳥取大会初戦での失策。「自分はまだまだ」と修練に余念がない。

     打撃面では米大リーグでも活躍した青木宣親外野手(ヤクルト)を参考に、間の取り方やバットを持つ位置を変えるなどこだわりも人一倍だ。

     球技全般が好きで、幼少時に祖父から習った卓球が得意。【園部仁史】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 訪日客人気スポット「チームラボ」菅長官が視察「来年は4000万人に」

    2. カジノ誘致 横浜市が表明へ 林市長、週内にも

    3. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

    4. 社会 甲子園のツタ、復活せず 全体覆うのにあと10年 耐震工事で一時撤去

    5. 移転する「おふくろの味」警察署長が感謝状 滋賀・高島

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです