メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

躍進の春へ

富岡西・選手紹介/1 全てでチーム引っ張る 坂本賢哉主将(2年) /徳島

バットを構える富岡西の坂本賢哉主将=徳島県阿南市富岡町の同校で、岩本桜撮影

 第91回選抜高校野球大会に21世紀枠で出場する富岡西の選手たちは連日、初めての甲子園に向けた調整に余念がない。活躍が期待される選手たちを座右の銘とともに紹介する。

     学業、野球共に好成績を残し「全てでチームを引っ張る存在」と仲間の信頼は厚い。

     持ち味の打撃は積み重ねた努力のたまものだ。小学2年から野球を始め、当時は苦手の外角を克服するためだったが、父に見守られながら、毎日素振りをして磨き上げた。高校に入り、パワーヒッターの先輩、佐藤亮太さん(3年)を見て「きれいなスイングで体の使い方もうまい」と衝撃を受けた。フォームを見つめ直し、先輩の体の使い方を取り入れ、広角に打てる長距離打者に成長。昨秋の公式戦は6割6分7厘の高打率を記録した。

     入部当初は体が硬いため故障が多く、腰を痛めてフルスイングができない時期もあった。入念な夜のストレッチで柔軟性を高め、今では万全の状態でプレーできるようになった。好機に強く、ここ一番での一振りはチームに勇気を与える。

     「応援してくれている方々に恩返しを」。夢だった大舞台でも勝利に貪欲な全力プレーを誓う。【岩本桜】

    毎日新聞のアカウント

    8月17日の試合

    話題の記事

    関連サイト