メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野球

公立の名将、打撃指南 神奈川・相模原高監督の佐相さん講演 能美 /石川

中学、高校の野球指導者に打撃理論を説明する神奈川県立相模原高の佐相真澄監督(右)=石川県能美市辰口町の市立辰口中で、岩壁峻撮影

 高校野球界で「公立の名将」として知られる神奈川県立相模原高の佐相(さそう)真澄監督(60)が9日、能美市辰口町の市立辰口中で講演し、中学、高校の指導者に独特の打撃理論を説いた。加賀地区中学校体育連盟の軟式野球競技部が開いた研修会の一環。県高野連にも呼びかけて約20人が参加した。

 日体大野球部出身の佐相監督は、相模原市内の中学教諭(保健体育)として顧問を務めた野球部を強豪に育てると、2005年に県立川崎北高の教諭に転身。2年半後の秋季県大会…

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文557文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 死者50人不明18人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  4. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

  5. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです