メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
第91回選抜高校野球

高松商 ゴム使い低い姿勢で プロの練習取り入れ /香川

ネットにくくりつけられたゴムのひもに引っかからないよう、低い姿勢でゴロを捕球する高松商の選手たち=高松市松島町1の同校で、潟見雄大撮影

 <センバツ2019>

     高松商の内野手は、守備力を鍛えるためにゴムひもを使った練習をしている。肩辺りの高さにピンと張られたゴムに引っかからないよう、腰を落として打球を処理する。

     高さ約140センチの位置に白いゴムが6本張られ、選手たちはその下をくぐるように打球を追いかける。長尾健司監督がこの冬から取り入れた練習だ。プロ野球・福岡ソフトバンクホークスが昨年のキャンプで取り組んでいた練習を参考にしたという。

     硬式球は高く跳ね上がりにくく、低い軌道で転がることが多い。そのため内野手も腰を落として目線を低くすることで球の動きを見極めやすくなる。

     「ゴムに触れるなよ、10万ボルトの電流が流れていると思え」と冗談を交えながらノックを繰り返す長尾監督。三塁手の篠原一球選手(1年)は「腰の位置が低くなり、バウンドの山を読みやすくなった。しんどいけれど筋力トレーニングにもなる。(ゴムを使わない)通常のノックでも低い姿勢を意識できる」と効果を語る。【潟見雄大】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 河野外相が韓国内の日本製品不買運動に懸念表明

    2. けものフレンズ 新フェネック役に新人声優・美坂朱音 初インタビュー 初の収録で涙も

    3. 日韓外相、元徴用工問題で「意思疎通の継続」一致

    4. ぐるっと首都圏・母校をたずねる 神奈川県立湘南高/2 自由な校風、観察眼培う 国際政治学者・三浦瑠麗さん /東京

    5. 鳥取県がドラレコ購入に助成 あおり運転など抑止狙い 1台3000円補助 

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです