メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第91回選抜高校野球

星稜 練習場真裏「新居」へ 2年生3人が寮引っ越し /石川

引っ越す寮生の荷出しを手伝う星稜の選手たち=金沢市で、岩壁峻撮影

 <センバツ2019>

     第91回選抜高校野球大会(3月23日開幕、毎日新聞社、日本高校野球連盟主催)に出場する星稜で16日、寮生活を送る2年生部員3人が校舎近くの別の寮に引っ越した。「新居」は、室内練習場の真裏と絶好の立地だ。

     引っ越したのは、福本陽生選手(東京出身)▽山本伊織選手(神奈川出身)▽喜田涼雅選手(北海道出身)。卒業する現3年生と入れ替わりに転居した。この日は同学年の部員が荷出しを手伝い、林和成監督と山下智将部長が運転する車でテンポよく冷蔵庫などを運んでいった。

     これまで生活していた運動部寮は急坂の上にあり、雨の日はけが防止のため自転車から降りて通学することもあった。室内練習場まで歩いて約20分かかったが、今度の寮は数分。福本選手は「今まで以上に練習時間を確保できる」。6畳程度だった部屋も少し広くなるといい、「収納スペースも確保できるので、新生活が楽しみ」と笑みを浮かべた。

     1人暮らしを続けるうち、山本選手は「親のありがたみを改めて感じるようになった」とぽつり。「人をダメにするソファ」と言われるお気に入りの大型ビーズクッションを携え、新生活に臨む。【岩壁峻】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    関連サイト