メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

春に挑む・国士舘センバツへ

選手紹介/1 白須仁久投手(2年) 「1」背負い勇往邁進 /東京

投球練習する白須仁久投手=川村咲平撮影

 <第91回選抜高校野球>

     第91回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催)に、都内から国士舘が出場する。春の大舞台を前に、一層のレベルアップを目指して練習に励む選手の横顔を紹介する。

     130キロ中盤ながら力のある直球と、カーブやチェンジアップなど緩急を織り交ぜ、相手打線に立ち向かう。課題だったコントロールは、練習時に積極的に打撃投手を務め、常に実戦を意識して磨いてきた。

     小学2年の時、地元の軟式チームで野球を始めた。中学時代の担任に「厳しい上下関係がなく、野球に打ち込めるはず」と勧められ、国士舘に進んだ。初めての硬式球に恐怖感を抱いたが「とにかく回数を重ねる」ことで感覚をなじませた。グラブに縫い込んだ「勇往邁進(ゆうおうまいしん)」の文字は、中学時代の野球部顧問から贈られた言葉だ。

     新チーム発足後、永田昌弘監督に「覚えるまで投げ続けろ」と指示されてカットボールを習得。背番号「3」で臨んだ昨秋の東京大会では主に先発を任され、安定した投球でチームを引っ張った。初めてエースナンバーを付けた神宮大会は、二回途中に4失点で降板。背番号「1」の重みを感じつつ、甲子園での雪辱を誓う。

     自由時間は洋楽を聴いてリラックス。試合前は、野球部の先輩と電話で話してモチベーションを上げる。【川村咲平】=つづく


     右投げ右打ち▽身長182センチ▽体重79キロ▽出身・冨士見台中

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    関連サイト