メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第91回選抜高校野球

津田学園・前投手、亀山市長を表敬訪問 意気込み語る /三重

三重県亀山市役所を訪問し、激励を受けた津田学園の前佑囲斗投手(左)=谷口豪撮影

 <第91回センバツ>

     センバツへの出場を決めた津田学園(桑名市)の主戦、前佑囲斗投手(2年)が19日、出身地である亀山市の桜井義之市長を表敬訪問した。前投手は「夢だった甲子園の舞台なので、決勝まで勝ち上がっていけるよう、エースの自覚を持ってマウンドに立ちたい」と意気込みを語った。

     前投手は母千鶴さん(47)とともに市役所を訪問。桜井市長は「甲子園はこれからの野球人生にとって大切な経験になるので、思う存分暴れてほしい」と激励した。前投手は訪問後に「桜井市長に励ましてもらい、甲子園に出場することの実感がさらに増してきた。残り1カ月トレーニングを積んでベストな投球をしたい」と語った。【谷口豪】

    〔三重版〕

    毎日新聞のアカウント

    8月17日の試合

    話題の記事

    関連サイト