メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第91回選抜高校野球

熊本西に選抜旗授与 /熊本

授与された選抜旗を手に甲子園での活躍を誓う熊本西の部員たち=熊本県立熊本西高で、清水晃平撮影

 <センバツ高校野球>

     3月23日に開幕する第91回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催)に21世紀枠で出場する熊本西(熊本市西区)に20日、開会式の入場行進で掲げる選抜旗が授与された。

     同校であった授与式には部員44人と横手文彦監督(43)らが出席。県高野連の竹下文則会長が「代表として誇りを持って力を発揮してほしい」と激励し、三森輝久・毎日新聞熊本支局長が、校名や校章が入った紺の選抜旗を霜上幸太郎主将(2年)に手渡した。

     霜上主将は「公立高校の星になれるよう精いっぱいプレーしたい」とあいさつ。横手監督は「甲子園から帰ってくる時にはもう1本の旗(優勝旗)も持って帰りたい」と飛躍を誓った。【清水晃平】

    毎日新聞のアカウント

    4月3日の試合

    話題の記事

    関連サイト