メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本高野連

球数制限の再考求める 新潟導入で

 新潟県高校野球連盟が投手の球数制限を今年の春季県大会で導入すると発表したことについて、日本高校野球連盟は20日、大阪市内で理事会を開き、今春の実施を再考するよう同県高野連に申し入れすることを決めた。専門家を交えた「投手の障害予防に関する有識者会議」を4月に発足させ、そこで検討していくことも決定した。

 同県高野連は昨年12月、投球数が100球に達した投手は次の回以降登板できない規則の導入を発表。20日の理事会では、投手の障害予防の観点から球数制限の趣旨には賛成意見が出た一方、部員不足のチームへの影響が大きいことや、勝敗に影響を及ぼす規則が全国一律でなくなることなどの理由から、導入の再考を求めることとした。有識者会議は医者や弁護士ら外部の有識者の他、同県高野連も参加し、1年かけて投手の障害予防を…

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文597文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 今夏の湘南、海水浴は難しそう 開場なしで「無秩序状態に」不安の声も

  3. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  4. 東京都、緩和基準決定 「1日の新規感染者数20人未満」など3要件

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです