メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
輝け光星’19センバツ

選手紹介/5 原瑞都外野手/山田怜卓投手 /青森

八戸学院光星の原瑞都外野手=青森県八戸市の同校で、北山夏帆撮影

 <第91回選抜高校野球>

    着実にチャンス作る 原瑞都外野手(2年)

     下位打線にも隙(すき)がない“打の光星”。その一端を担う好打者だ。昨秋の県大会。7番打者として出場した準々決勝で、コールド勝ちを決定づける2点本塁打を右翼スタンドにたたき込んだ。

     「地味な練習は嫌いじゃない」と言う。体幹トレーニングも積極的に取り組み、コツコツと努力を積み上げてきた。真骨頂を発揮したのは、4打数3安打とした明治神宮大会の初戦だ。左、中、右と単打を器用に外野へ飛ばし、下位から着実にチャンスを作った。

     明治神宮大会後、抱えていた「野球肘」を手術。春に向けて万全のコンディションを整えた。「不安は無くなった。今はただただ本番が楽しみ」と笑顔だ。心身ともに、全国の強豪と戦う用意はできている。

    八戸学院光星の山田怜卓投手=青森県八戸市の同校で、北山夏帆撮影

    亡き友の夢かなえる 山田怜卓投手(2年)

     ボールの回転数は2300超(1分間)と投手陣でトップ。球のキレと伸びには自信がある。「背番号は関係ない。後藤と並ぶ2人のエース」と仲井監督も太鼓判を押す。

     昨秋以降、マウンドに上がる時に必ず思い浮かべてきた人がいる。昨夏の甲子園の期間中に病気で亡くなった仲良しの同級生、吉川だ。あの時は自分もベンチ外。「吉川も東京から甲子園を目指して来た。春は自分が出て、吉川の夢もかなえる」

     秋の県大会準々決勝では、被安打2、与四死球0の無失点で見事完投。県大会、東北大会の決勝でも先発を任され、後藤ら投手陣との継投で優勝をたぐり寄せた。

     亡き友に活躍を誓った夢舞台まであと1カ月。「チームが日本一に輝く姿を見せたい」=つづく

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

    2. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

    3. 松尾貴史のちょっと違和感 参院選後に官邸でデキ婚発表 某方面の都合に乗っかるテレビ

    4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

    5. 立花N国党首vs高須院長が「ニコ生」で大激論 爆問・太田に飛び火も(スポニチ)

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです