メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

実りの春

石岡一センバツ初出場 第2部 選手・スタッフ紹介/1 岩本大地投手(2年)/中山颯太捕手(1年) /茨城

石岡一の岩本大地投手=石岡市石岡1で、川崎健撮影

 <第91回選抜高校野球>

     2部では、初の甲子園に挑む石岡一の主な選手とスタッフを紹介する。【川崎健】=つづく

    大黒柱150キロ台に挑む 岩本大地投手(2年)

     エースナンバーを背負った昨秋の県大会では、全4試合で36三振を奪う活躍で4強入りの立役者となった。押しも押されもせぬ大黒柱としてチームを引っ張る。

     小学2年から野球を始め、主に内野手としてプレー。本格的に投手に転向したのは中学2年の秋だった。中学軟式の選抜チーム・茨城オール県南のメンバーに選ばれるなど、才能はすぐに開花した。

     高校入学後、さらにレベルアップを目指した。「終盤になると制球が乱れて球が浮く」という課題を克服するため、昨夏の選手権で準優勝した金足農(秋田)の吉田輝星投手(18)=日本ハム=の投球動画を参考に、低めの直球の伸びに磨きをかけてきた。

     現在は最速147キロまで伸びた直球だけでなく、変化球のキレも増し、投球の幅を広げつつある。憧れの甲子園に向け「自分の投球をして、150キロ台を出してみたい」と意気込んでいる。

         ◇ 

    いわもと・だいち

     石岡市立八郷中出身。175センチ、80キロ。右投げ右打ち。

    石岡一の中山颯太捕手=石岡市石岡1で、川崎健撮影

    捕球技術向上へ決意 中山颯太捕手(1年)

     1年生ながら正捕手を務め、岩本とバッテリーを組む。昨秋の県大会では全4試合にフル出場。思い切りのいい打撃が持ち味で、明秀日立との3回戦では、九回に貴重なソロ本塁打を放った。

     打撃で手応えを感じている一方、「捕手としてのレベルを上げないと甲子園では戦えない」と守りの課題を口にする。小学3年で野球を始め、中学時代には主に投手としてプレーした。秋季県大会の準決勝の藤代戦では三振に仕留めた変化球を後逸。「大地さん(岩本)に申し訳なかった」と反省する。

     悔しさを晴らすため技術向上に余念がない。投球マシンを通常の距離(18・44メートル)より3分の1ほど近づけたり、手元でバウンドするノックを正面から受けたりするなど、どんなボールも捕球する技術を身につけようとしている。「投手に気持ちよく投げさせる捕手になりたい」。強い決意を胸に、練習に励む。

         ◇ 

    なかやま・そうた

     石岡市立府中中出身。179センチ、78キロ。右投げ右打ち。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

    2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

    3. 封鎖の私道バリケード撤去命じる仮処分 長崎地裁、管理会社に

    4. 岐阜・民家襲撃事件、岐阜県警が男3人を逮捕 強盗致傷・住居侵入容疑

    5. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです