メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

頂点に挑む

19’センバツ龍谷大平安 主力選手紹介/1 水谷祥平主将 /京都

龍谷大平安の水谷祥平選手=京都市伏見区の同校ボールパークで、矢倉健次撮影

 <第91回選抜高校野球>

    強い思いで60人けん引 水谷祥平主将(2年)

     昨年8月20日、新チーム最初のミーティングでただ一人手を挙げ、主将に選ばれた。昨夏の甲子園は1回戦で2盗塁、2得点して春夏100勝達成に貢献したが、続く2試合は計1安打。「もっと暴れたかった。また甲子園へ行きたい」との強い思いでチームを引っ張ってきた。

     昨秋の打率、本塁打、打点でチーム1。4番の重責も担い、練習内容が変わるたびに大声を張り上げ、60人を超える部員を引き締める。5学年上の兄凌輔さんは京都翔英の選手として2013年のセンバツに出場。だが試合には出なかっただけに「兄の分も」と活躍を誓う。打率・447、2本塁打、13打点。

         ◇

     センバツ開幕まで1カ月、龍谷大平安の練習が熱を帯びている。まず主力メンバーの素顔を紹介します。(成績は昨秋公式戦)

    〔京都版〕

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

    2. ソチ五輪銅の平岡選手 ひき逃げ容疑で事情聴取 奈良県警

    3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

    4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

    5. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです