メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第91回選抜高校野球

明石商、本番ムード 校舎玄関に応援ポスター /兵庫

明石商の正面玄関にセンバツ応援ポスターを張り出す生徒会の堀寿充(ことみ)会長(右)と角ノ上朋樹副会長=兵庫県明石市の同校で、黒詰拓也撮影

 <センバツ2019>

     第91回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催)の校名入り「センバツ応援ポスター」が明石商(明石市)に届き、生徒会メンバーらが25日、校舎の正面玄関に張り出した。3月23日の大会開幕まで1カ月を切り、校内は本番ムードが漂い始めた。

     ポスターは縦約70センチ、横約50センチ。今年の応援イメージキャラクターに選ばれた女優の井本彩花さんが球場のスタンドからエールを送る姿と「この一球に、気持ちを込めて。」の文字がデザインされている。

     生徒会の堀寿充(ことみ)会長(2年)は「センバツでは大歓声で緊張すると思うが、練習の成果を発揮できるよう全校で応援したい」、角ノ上朋樹副会長(2年)は「昨夏の甲子園より、応援で盛り上げたい」と笑顔で話した。

     ポスターは県内各地で張り出され、平成最後の大会を盛り上げる。【黒詰拓也】

    〔神戸版〕

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

    2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

    3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

    4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

    5. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです