メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

春・OnlyOne

第91回センバツ/3 石岡一 初出場・21世紀枠 農場実習、集中力培う

実習用の松の木を剪定する石岡一の選手たち=茨城県石岡市で2019年2月2日、宮武祐希撮影

 <第91回選抜高校野球>

     石岡一は、茨城県南部の石岡市中心部にある。1910(明治43)年、農学校として創立した伝統校。普通科のほか、野菜栽培などに取り組む園芸科、剪定(せんてい)技術などを学ぶ造園科があり、野球部員49人のうち約4割が農業系学科だ。

     農業系の生徒たちには、学校から約4キロ離れた農場での実習授業がある。このため野球部員は、平日放課後の練習開始に間に合わないことも珍しくない。それでも、主戦・岩本大地投手(2年)=造園科=は脚立に上り、はさみを使った剪定実習を例に挙げて言う。「けがに気をつけて集中して取り組むことが、野球にも生きているのではないか」

     前向きな姿勢と培った集中力は、甲子園の大舞台で生きるはずだ。=つづく<写真・宮武祐希 文・川崎健>

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 紀平SP6位 首位はコストルナヤ、世界最高得点 GPファイナル女子

    2. インタビュー・最前線 ブロードリンク 榊彰一社長 中古PCで環境貢献 回収から卸売りまで

    3. 神奈川県庁サーバーに使用のハードディスク転売 納税記録など流出

    4. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

    5. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです