メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

実りの春

石岡一センバツ初出場 第2部 選手・スタッフ紹介/3 飯岡大政三塁手(1年)/滑川孝之介遊撃手(1年) /茨城

石岡一の飯岡大政三塁手=茨城県石岡市石岡1で、川崎健撮影

 <第91回選抜高校野球>

    勝負強い「つなぐ4番」 飯岡大政三塁手(1年)

     1年生ながら4番に座る。昨秋の公式戦では全5試合で4打点と勝負強さを発揮。川井政平監督(44)からは「つなぐ4番」として期待され、犠打や50メートル6・2秒の俊足を生かしたプレーも光る。

     一方で4強入りした秋季県大会は守備で悔いを残した。関東大会出場を懸けた藤代との準決勝。1点リードで迎えた九回2死に自らの失策で試合を振り出しに戻された。「頭が真っ白になり、涙もでてきた」という。

     落ち込んでいるところを救ってくれたのは仲間の温かい励ましだった。「大丈夫。春の関東大会に出て、夏こそ甲子園へ行こう」。これまでは「気持ちが力不足」と精神面での弱さがあったことを認める。昨秋の経験を糧に、今では一塁守備にも挑戦しながら内野陣のまとめ役としてチームを引っ張る。

     甲子園は自分が成長した姿を示す舞台にもなる。「強豪相手でも『絶対に勝つのだ』という強い気持ちが芽生えている」

         ◇ 

    いいおか・たいせい

     つくば市立桜中出身。176センチ、68キロ。右投げ右打ち。

    石岡一の滑川孝之介遊撃手=茨城県石岡市石岡1で、川崎健撮影

    守備で貢献打力も磨く 滑川孝之介遊撃手(1年)

     昨秋の県大会全4試合に先発出場。塚本圭一郎二塁手(1年)と組む二遊間は鉄壁で守りのリズムを作った。現役時代に同じ遊撃手だった川井政平監督(44)は「守備で安定している選手の一人」と信頼を置き、本人も「投手が安心して投げられるような遊撃手を目指している」と話す。

     課題は打撃面。主に3番を託されたが、打率2割3分5厘と納得する数字を残せなかった。三振が七つと多く「自信を持てず打てる初球を見逃してしまい、自分から追い込んでしまった」と振り返る。

     打力アップに向け、取り組んでいるのは体重移動。打席で重心を左足に置くことで、変化球や速球にも対応できるようになってきた。「苦手な横に曲がる球も捉えられるようになってきた」と手応えを口にする。

     目指すは強気な打者だ。「どんどん『1球目』から積極的に振っていきたい」。冬に打力を磨き、攻守でチームをリードする。

         ◇ 

    なめかわ・こうのすけ

     小美玉市立美野里中出身。178センチ、71キロ。右投げ左打ち。

     =つづく

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 氷河期世代支援「使い捨て」脱するには… 先行する埼玉で問題点を探った

    2. 小泉環境相、石炭火力の輸出制限表明を見送り COP演説 国際的反発必至

    3. ORICON NEWS 翁の能面のような優しい顔…ゴールデンレトリバーの“おじいわん”に反響「老犬の魅力伝えていきたい」

    4. 羽生一問一答「自分の中の勝負には勝てた」「40点差、大きくない」

    5. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです