メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第91回選抜高校野球

仙台育英学園高書道部、プラカードの校名揮毫 部員たちも心込め /宮城

石岡一の校名を揮毫する仙台育英学園高書道部の岡崎聖令さん=宮城県多賀城市の仙台育英学園高で、大谷麻由美撮影
盛岡大付の校名を揮毫する仙台育英学園高書道部の大宮望依瑠さん=宮城県多賀城市の同校で、大谷麻由美撮影
八戸学院光星の校名を揮毫する仙台育英学園高書道部の細川和紗さん=宮城県多賀城市の仙台育英学園高で、大谷麻由美撮影

 <センバツ高校野球>

     「書の甲子園」の愛称で親しまれている第27回国際高校生選抜書展(毎日新聞社、毎日書道会主催)団体の部で初の全国優勝と4年連続の東北地区優勝に輝いた仙台育英学園高の書道部が、3月23日に甲子園球場で開幕する第91回選抜高校野球大会の開会式の入場行進で使われるプラカードの校名を揮毫(きごう)した。

     揮毫は書の甲子園で地区優勝した全国11校が分担。仙台育英は、センバツに出場する八戸学院光星(青森)、盛岡大付(岩手)、石岡一(茨城)の3校を担当した。書道部顧問の渡辺章紀教諭はプラカードの文字について「常用漢字は誰が見ても分かる文字であるが故に書道の実力が試される」と話す。

     昨年に続きプラカードの揮毫に挑む書道部主将の細川和紗さん(2年)は中学1年まで生まれ育った青森県の八戸学院光星を担当。「甲子園でバットを振る力強さを、自分の書くかたくてごつい字で表現したい」と語る。

     盛岡大付を担当する大宮望依瑠(のえる)さん(1年)は「野球部員の『勝ちたい』という思いを字の力強さに込めて、応援するような気持ちで書きたい」と選手たちにエールを送る。

     「揮毫を一番喜んでくれたのはおばあちゃん」という岡崎聖令(せいら)さん(1年)は石岡一を担当する。「『一』の字が難しい。野球にも必要だと思う鋭さを一の字に込めたい」と真剣な表情で練習していた。

     渡辺教諭は「書道部の部員たちも心を込めて楽しんで書いているので、選手たちもグラウンドでのびのびと楽しく野球をやってほしい」と願う。

     半紙に一文字ずつ記した校名はデジタルデータ化され、プラカードに転写される。【大谷麻由美】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

    2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

    3. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

    4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

    5. 「職員室が怖かった分、子供といる時間幸せで…」いじめ被害教諭メッセージ全文

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです