メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

実りの春

石岡一センバツ初出場 第2部 選手・スタッフ紹介/4 武田翼左翼手(2年)/古屋健太郎中堅手(1年) /茨城

石岡一の武田翼左翼手=茨城県石岡市石岡1で、川崎健撮影

 <第91回選抜高校野球>

    チームの勝利を最優先 武田翼左翼手(2年)

     野球好きだった父親の影響で小学3年で野球を始めた。「生まれたときからプラスチック製のバットを持って遊んでいた」と話すほど、野球を身近に育った。

     中学時代は一塁手だったが、選出された県内の中学軟式選抜チームで外野手に転向。高校では50メートル6・2秒の俊足に加え勝負強い打撃も光り1年夏にはベンチ入り。レギュラーに定着した昨秋の県大会では主に5番打者として打率4割をマークした。

     現在は1番打者にも挑戦。求められる役割にも変化がある。「四死球など、とにかく塁に出ることが大事。気迫を見せればチームも盛り上がる」と、チームの勝利を最優先に考える。

     現在は左足首のけがの影響で別メニュー調整が続く。ノックを受けたり打撃練習したりする仲間を横目に、外野で走り込みを行うが、焦りはない。「しっかり治して、甲子園ではレベルの高い投手に対して自分がどれだけ通用するのか楽しみ」

         ◇

    たけだ・つばさ

     小美玉市立美野里中出身。178センチ、70キロ。右投げ左打ち。

    光る選球眼 出塁率高く 古屋健太郎中堅手(1年)

    石岡一の古屋健太郎中堅手=茨城県石岡市石岡1で、川崎健撮影

     持ち味は「出塁率の高さ」と話すように、主に2番だった昨秋の公式戦では4四死球を選んだ選球眼が光った。

     練習中には「声」でチームの雰囲気を盛り上げる。打撃練習で守備位置につけば、外野から野太い声をグラウンドに響かせる。「悪い流れを変えるだけでなく、自分のやる気を引き出すため」と常に気合十分。

     幼い頃から一緒に練習をしていたという兄爽太郎さん(19)=日立一OB=の背中を追うように県立校の石岡一に進学。「私立を倒す兄の姿を見て、県立に魅力を感じた」という。だが、兄は高校最後の夏の茨城大会で私立校に敗れ、甲子園出場はかなわなかった。

     秋季県大会では全4試合に出場。チームは明秀日立や土浦日大といった甲子園出場経験のある強豪私立を破って4強入りした。大舞台に向けても強気な姿勢は変わらない。「球場が沸くようなガッツあるプレーを見せたい」と闘志満々だ。

         ◇

    こや・けんたろう

     ひたちなか市立勝田第一中出身。167センチ、61キロ。右投げ左打ち。

     =つづく

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 3分でわかる政治の基礎知識 京都市がホテル新規開業「お断り宣言」 オーバーツーリズム

    2. 東大大学院特任准教授が中国人差別ツイート 大学謝罪、企業は寄付停止表明も本人は反論

    3. 「いちごさん」親苗盗まれる 佐賀県の新ブランドイチゴ

    4. 大阪女児誘拐 容疑者は「せつじろう」 ハンドルネームでやりとり

    5. 野党のシュレッダー視察を内閣府拒否 「官房長の判断でだめと決まった」と押し切る

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです