メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第91回選抜高校野球

県勢初の優勝旗を 星稜、大舞台控え知事と金沢市長表敬 ベンチ入り予定の18選手ら /石川

谷本正憲石川県知事(左)から激励を受ける星稜の選手たち=同県庁で、岩壁峻撮影

 <センバツ高校野球>

     第91回選抜高校野球大会(3月23日開幕、毎日新聞社、日本高野連主催)に出場する星稜の選手らが27日、県庁と金沢市役所を表敬訪問し、優勝が期待される大舞台への意気込みを示した。

     星稜からは林和成監督と山下智将部長、山瀬慎之助主将(2年)らベンチ入り予定の18選手が訪問。鍋谷正二校長も付き添った。県庁では谷本正憲知事が「甲子園では常連校。高校野球ファンが活躍を期待するのは自然の感情だと思う。重圧と受け止めず、一戦一戦勝ち抜いてもらいたい」と激励した。2年連続でセンバツの指揮を執る林監督は「昨年大会のベスト8の壁を破りたい」と語った。

     山瀬主将は「日本一になるために練習してきた。石川、北信越の代表として県勢初の優勝旗を持ち帰る」。昨春から3季連続出場の甲子園だけに、抱負を述べる姿も堂に入ったもの。谷本知事も「(春夏合わせて)32回も甲子園に出てれば、あがらんわな」と笑顔だった。

    山野之義金沢市長(前列中央)と記念写真に納まる星稜の選手たち=同市役所で、岩壁峻撮影

     金沢市役所では山野之義市長が「時間のやりくりがつけば、甲子園に応援に行きたい」と宣言。市長への表敬訪問で恒例の各選手の決意表明では、4番を張る内山壮真選手(1年)が「全国制覇に貢献できるように一つ一つのプレーを大事にする」と力を込めた。生徒会長を務める吉本有佑捕手(2年)は「持ち前の明るさでチームを活性化させたい」と声を張り上げた。

     選手たちはこの日午後、同校野球場で練習。例年なら降雪に悩まされる時期だが、珍しく連日グラウンドで体を動かすことができ、充実した調整を続けている。【岩壁峻】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

    2. 昭恵夫人「私人」なのに「桜を見る会」で推薦枠? 公私混同では?

    3. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

    4. 介護疲れか 殺人容疑で逮捕の妻「3人の首絞めた」 福井・敦賀

    5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです