メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第91回選抜高校野球

富岡西、感謝の気持ち胸に 阿南市、出場祝い記念プレート /徳島

甲子園出場の記念プレートと共に写真に納まる富岡西の選手と徳島県阿南市の岩浅嘉仁市長(後列中央右)ら=同市役所で、大坂和也撮影

 <センバツ2019>

     阿南市は27日、富岡西の春のセンバツ出場を祝う記念プレートの贈呈式を開いた。富岡西からは吉田光昭校長、坂本賢哉主将(2年)らが出席。式では岩浅嘉仁市長が吉田校長にプレートを手渡した。

     縦40センチ、横58センチのステンレス製で、「第91回全国選抜高等学校野球大会 出場校-21世紀枠- 徳島県立富岡西高等学校」と書かれている。坂本主将は「野球のまちとして支援してもらっていることを改めて実感した。期待に応えられるよう戦いたい」と話した。

     4月以降から、あななんアリーナ(同市桑野町)入り口に常設される予定。アリーナには他に、新野の甲子園出場を記念するプレートが2枚設置されている。【大坂和也】

    毎日新聞のアカウント

    4月3日の試合

    話題の記事

    関連サイト