メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第91回選抜高校野球

センバツ21世紀枠・熊本西 「甲子園がんばってね」 園児とティーボールで交流 /熊本

近くのこども園でティーボール体験会を開き、園児たちと交流する熊本西の選手たち=熊本市西区で2019年2月4日、徳野仁子撮影

 <センバツ高校野球>

     ボールを手に駆ける子どもたちの声が響く。第91回選抜高校野球大会に21世紀枠で出場する熊本西(熊本市)の選手たちが先月、熊本市内の学校近くのこども園で開いたティーボール体験会。選手たちが先生になり、かけっこやボール投げなどをして楽しんだ。

     昨夏、部内に「野球普及・地域活性化班」を作った熊本西は、定期的に地元の小学校やこども園と交流して野球の楽しさを伝えている。

     霜上幸太郎主将(2年)は「子どもたちのエネルギーはすごい。自分も野球を楽しもうと初心に帰る」と話す。体験会後、園児たちから「甲子園頑張ってください」とエールをもらい、大舞台での活躍を約束した。【徳野仁子】

    毎日新聞のアカウント

    4月3日の試合

    話題の記事

    関連サイト