メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第91回選抜高校野球

学年末試験、部員ら学校で猛勉強 コーチの「指導」も 明石商 /兵庫

学年末試験に向け、練習後の勉強会でプリント問題に取り組む明石商の(手前から)宮口大輝投手、重宮涼主将と、優しく見守る壺阪圭祐コーチ=で、黒詰拓也撮影

 <センバツ2019>

     23日開幕のセンバツに出場する明石商では、4日まで学年末試験が行われている。普段は「野球漬け」の部員たちも、この時期ばかりは猛勉強。練習後や練習の合間に「勉強会」を開き、教員でもあるコーチたちに机の前で「指導」を受けている。

     野球部は定期試験の時期になると、試験直前から期間中にかけて、空き教室などで自主的に勉強会を開催。社会科教員でもある藤井晃真コーチ、英語教員の丸山智也コーチらが丁寧に教えている。

     2月28日夕の勉強会は校舎1階の職員室前の廊下で開かれ、重宮涼主将(2年)と宮口大輝投手(同)が出席した。2人は社会科教員の壺阪圭祐コーチが見守る中、家庭科の試験勉強に取り組んだ。問題が書かれたプリントを広げ、「また間違えてしまった」「やっとできた」などと言いながら、真剣な表情で解答と答え合わせを繰り返していた。

     机の上にグラブを置いて勉強していた重宮主将は「自宅より学校の方が効率が上がる。しっかり勉強して試験を乗り切り、センバツに集中したい」と話していた。【黒詰拓也】

    〔神戸版〕

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

    2. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

    3. 織田信成さんの要求 関大「妥当ではない」と判断 モラハラ訴訟で経緯公表

    4. 唐揚げ、焼きそば、瓶ビール…官邸幹部の「セコい裏技」露呈 「桜を見る会」弁明

    5. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです