メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第91回選抜高校野球

石岡一出身で歌手の山本恵莉子さん、応援ソングでエール 活躍願い「そして未来へ」作成 /茨城

石岡一の応援ソングを通じて、野球部にエールを送る歌手の山本恵莉子さん=茨城県石岡市国府1で、川崎健撮影

 <第91回センバツ>

     第91回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催)に21世紀枠で初出場する石岡一の活躍を願って、同校出身の歌手、山本恵莉子さん(25)が「そして未来へ」と題した応援ソングを作成した。山本さんは「音楽で母校の力になれれば」と応援ムードの盛り上げに一役買っている。

     石岡市出身の山本さんは2011年度に同校普通科を卒業。高校時代は合唱部に所属しながら生徒会長も務め、夏になると球場で野球部の応援にも参加したという。短大を卒業後、17年9月から同市を中心に歌手活動をスタート。現在は県内外でライブを開催したり、イベントで歌を披露している。JR石岡駅で17年間飼い主を待ち続けた忠犬タローの歌「みんなのタロー」など郷土愛をテーマにしたオリジナル曲があり、持ち歌約30曲は同市内で30年ほど前まで音楽教室の講師をしていた母裕子さんが作詞・作曲を全て担当しているという。

     母校のセンバツ出場が決まり、山本さんは学校関係者から「何かみんなで応援できるような曲を作ってほしい」との依頼を受けた。そこで、約2年前に作った曲をベースに、裕子さんが作詞、作曲して「そして未来へ」が完成した。

     3番まである約3分半の応援ソングの歌詞には、山本さんの母校愛が込められている。1番の「待ち続けていた夜明けの風に」は創立100年を超える同校がようやく甲子園初出場を決めたこと、「ふるさとの絆」は地元住民から応援されていることをそれぞれ表現。2番の「自分を信じて」は大舞台に挑む選手たちへのエールが込められているという。

     山本さんは23日のセンバツ開幕まで、参加するイベントで積極的に応援ソングを披露していくつもりだ。動画投稿サイト「ユーチューブ」で聴くこともできる。姉真莉子さん(27)とそろって同校OGだという山本さんは「老若男女で盛り上がれるような曲になっています。これまでの練習の成果を発揮できるように、自分を信じて頑張ってほしい」と後輩たちを激励した。【川崎健】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

    2. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

    3. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

    4. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

    5. 天気 東京、今年は「木枯らし1号」ない冬に 39年ぶり

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです