メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一味同心

19センバツ星稜 第3部・チームの支え/1 選手第一、裏方に全力 /石川

 <第91回選抜高校野球>

    指名の決め手は「人間性」 浜塚光希マネジャー(2年)

    星稜の練習に参加し選手たちのサポートをする浜塚光希マネジャー(抱えている側)=金沢市の同校で、岩壁峻撮影

     いたずらっぽい表情で、控えめなエースを前へ前へと押し出す姿が印象的だった。第91回選抜高校野球大会(23日開幕、毎日新聞社、日本高野連主催)の出場校が発表された1月25日。気勢を上げる星稜の選手に報道陣のカメラが向けられると、浜塚光希マネジャー(2年)は隣にいた奥川恭伸投手(同)とじゃれ合い、大会注目右腕から満面の笑みを引き出した。

     「マネジャーの候補を何人か考えた中で、誰とでも分け隔てなく話しに行けるコミュニケーション能力がある。そこが一番だった」と林和成監督(43)。出場校決定の瞬間は、図らずもその言葉を象徴する場面になった。

     選手の立場からいったん離れることを意味するマネジャー打診は、指揮官を毎年悩ませる仕事でもある。最後の決め手は、人間性。新チームが発足する昨年8月の終わりごろ、山瀬慎之助捕手(2年)が主将になるのとほぼ同時期に浜塚さんのマネジャー転身が決まった。

     「最初は少し抵抗があった」と、浜塚さんは明かす。珠洲市立緑丘中では二塁の正選手。「より高いレベルの学校でプレーした方が技術も向上すると思った」。九回に8点差を逆転して甲子園行きを決めた2014年石川大会決勝を中学1年で目の当たりにしたのも決め手になった。ただ、奥川投手をはじめ、中学時代に全国優勝を経験した仲間たちの壁は厚く、1年生大会での代走出場のみで公式戦出場はかなわないまま。「選手をサポートするのも大事なこと」と、自らの役割を受け入れることにした。

     秋以降は、前任のマネジャーで今春卒業した小布施承太郎さんを無料通信アプリLINE(ライン)で質問攻めにする日々。「要望に応えるために、選手第一で行動してほしい」。先輩の言葉を胸に、来客対応などの傍らで自主練習の相手も買って出る。カップをお湯で温めてからコーヒーをいれる作法は、林監督から教わった。周囲を見渡す観察眼を養いながら、練習場を駆け回る。

     記録員としてベンチ入りするセンバツ。「気持ちの高ぶりはある。近くで選手を見られるのはうれしい」と浜塚さんは言い切る。19人目の戦力としての矜持(きょうじ)が確かにあった。【岩壁峻】

         ◇

     センバツ開幕まで約3週間。星稜の選手を支える人たちを紹介する。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

    2. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し 「危険運転」は否定せず

    3. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

    4. 須磨海浜水族園、民営化で小中生入場料3倍超え 市民「高過ぎ」署名活動

    5. あおり運転 暴行容疑で男逮捕 ボンネットたたく 稲敷署 /茨城

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです