メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スポーツナビでもっと見る
雑草魂

’19センバツ習志野 第4部・選手紹介/2 桜井亨佑一塁手/小澤拓海二塁手 /千葉

習志野の桜井亨佑一塁手=秋丸生帆撮影

 <第91回選抜高校野球>

    軟式出身、左の長距離砲 桜井亨佑一塁手(1年)

     関東大会の活躍が光った左の長距離砲。準々決勝の東海大甲府戦はバットをそれまでより長めに握り、中越え適時二塁打を含む2安打4打点をたたき出した。「打率を意識してバットを短く持ち、フォームを崩していた」と振り返る。小柄な選手が多い習志野で期待のかかる180センチ、74キロの1年生スラッガーだ。

     チームでは珍しい軟式野球の出身。県代表に選ばれ、1番打者を任された。温厚で控えめな性格だが、和田泰征選手(1年)への対抗心を秘める。183センチ、75キロと体格はほぼ同じ。打撃練習の際に隣で柵越えを連発する同期に刺激を受けているという。

     昨年から成田市内の実家を出て寮生活を始めた。「1人暮らしはさみしい面もある」と漏らす。試合に向かうバスでは、お気に入りの曲を聴いて、「勇気をもらっている」と語る。

     守備の連携や走塁技術に課題は残るが、「家族や試合を見に来てくれる人たちの前で良いプレーを見せたい」と活躍を誓った。

    さくらい・こうすけ

     (1)右・左(2)180センチ、74キロ(3)成田市立下総みどり学園(4)Jポップ鑑賞(5)筒香嘉智(DeNA)

    習志野の小澤拓海二塁手=秋丸生帆撮影

    チーム支える「仕事人」 小澤拓海二塁手(1年)

     バットを拳一つ分短く持ち、高く脚を上げてタイミングをとるフォームから秋の公式戦は打率4割超、チームトップの犠打飛9を記録した。身長172センチと小柄だがチームに欠かせない「仕事人」だ。

     中学では2017年に硬式野球の全日本中学野球選手権大会を制した佐倉リトルシニアに所属。15歳以下日本代表に選ばれた横浜の度会隆輝選手(1年)とポジションを争い、全国制覇の瞬間は一塁コーチとして迎えた。「悔しい思いを二度としない」。習志野入学後は佐倉リトルシニアで同期の角田勇斗選手(1年)と切磋琢磨(せっさたくま)しながら二遊間を固める。

     昨年の関東大会準決勝の桐蔭学園戦で、捕球後にバランスを崩して悪送球し、相手に点を許した。体幹を強化しようと、夕食で米3合を食べ、夜食にピザやパンをほおばる。体重は夏から約4キロ増えた。

     将来は教師になるのが夢だ。「甲子園で活躍していつかは指導者になりたい」

    おざわ・たくみ

     (1)右・右(2)172センチ、62キロ(3)九十九里町立九十九里中(4)Jポップなど音楽鑑賞(5)菊池涼介(広島)


    データの見方

     (1)投・打(2)身長、体重(3)出身中学校(4)趣味・好きなこと(5)憧れの人

    毎日新聞のアカウント

    3月25日の試合

    話題の記事

    関連サイト