メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

挑む!2019センバツ明石商

選手紹介/2 安藤碧副主将/宮下匡雅副主将 /兵庫

 <第91回選抜高校野球>

    低くて正確な送球意識 安藤碧副主将(2年)

    明石商の安藤碧副主将=兵庫県明石市の同校で、黒詰拓也撮影

     広角に打球を飛ばせる4番打者。プロ選手の動画を参考に、自分に合ったフォームを探る研究熱心な一面もある。練習で納得がいかなかった時は帰宅後に素振りをするなど、日々の積み重ねを大切にしている。

     守備にもこだわる。昨秋の近畿大会決勝で、自分が右翼からホームへ良い返球をしていればサヨナラ負けを防げたと深く反省した。それ以降は「低くて正確な送球」を意識してノックを受け、体幹の強化にも努める。

     学校の成績も良く、テストの合計点では学年約280人中20番以内に入る。1月には情報処理検定の1級に合格した。お笑いグループの「ロバート」がお気に入りで、疲れた時に見て笑う。好きな言葉は「冷静」。

     ◆外野手▽身長181センチ、体重79キロ▽左投げ左打ち▽神戸・井吹台中


    一塁コーチ大声響かせ 宮下匡雅副主将(2年)

    明石商の宮下匡雅副主将=兵庫県明石市の同校で、黒詰拓也撮影

     昨秋の県大会から一塁コーチを務めている。相手の守備位置を走者に伝えるだけでなく、打席やベースに立つ選手の表情が硬ければ、声を掛けることも忘れない。甲子園でも自分の役割を全うするつもりだ。

     もともと細身だったため、体を大きくすることを課題としてきた。体重は1年春から約10キロ増。攻守に力強さも加わった。一塁コーチを任せられるようになってからは、大きな球場でも声が通るように毎日、お腹から声を出して鍛えてきた。

     歌うことが得意。歌手の清水翔太さんの曲がおはこで、カラオケの採点システムで97点を出したことがある。「勝ちにつながるような声を出す」。自慢の喉を甲子園でも響かせる。

     ◆外野手▽身長177センチ、体重71キロ▽右投げ左打ち▽姫路・朝日中

    〔神戸版〕

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

    2. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

    3. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

    4. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

    5. 重度の肺炎、武漢で日本人が入院 「新型」か不明

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです