メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

雑草魂

’19センバツ習志野 第4部・選手紹介/3 和田泰征三塁手/角田勇斗遊撃手 /千葉

 <第91回選抜高校野球>

    下半身強化の成果実感 和田泰征三塁手(1年)

    習志野の和田泰征三塁手=秋丸生帆撮影

     豪快なスイングで放つ打球の飛距離はチーム随一。183センチの体格で「当たれば飛ぶ」が、昨秋の関東大会前は伸び悩みからスタメン入りを逃した。

     飛距離を意識しすぎ、投手のレベルが上がるとボールを捉えられなくなった。「脚を使え」。小林徹監督から声をかけられた。上半身の力に頼ってスイングしていた。下半身の使い方を変え、体重移動を意識するフォームに修正した。

     「守備の課題も下半身」と話す。低い姿勢で捕球ができるよう、下半身の強化とストレッチを日課にしている。体重は夏から計10キロ近く増加。冬には守備範囲の広がりや打球の飛距離から成果を実感しているところだ。板橋洋部長は「冬を乗り越えて楽しみな選手の一人」と期待を込める。

     趣味は映画鑑賞で特に好きなのは恋愛映画という。冗談で周囲を明るくするチームのムードメーカーは、「ここぞという場面で一本打てる選手になる」と意気込む。

    わだ・たいせい

     (1)右・左(2)183センチ、75キロ(3)東京都江戸川区立春江中(4)恋愛映画(5)平沢大河(ロッテ)

    好機に強い「持ってる男」 角田勇斗遊撃手(1年)

    習志野の角田勇斗遊撃手=秋丸生帆撮影

     「大きな試合になると、緊張よりわくわくする」。関東大会1回戦の桐生第一戦では延長十四回タイブレークで決勝点をもぎ取った。大事な打席で役目をこなす、仲間から「何かを持っている男」と称される1年生の遊撃手だ。

     小学1年で地元船橋市の軟式野球チームに入った。4年になり上級生と同じチームで内野手を務めていた。「体の大きい上級生と練習メニューができた。うまくなっている気がしていた」と話し、中学では強豪の佐倉リトルシニアに所属。3年の時に1番・遊撃手として全日本中学野球選手権大会を制した。

     入学直後は投手のレベルが上がり、球種の多さなどから打撃不振が続いた。小林徹監督の「小澤(拓海選手)をマネしてみろ」の一言から、一緒にティー打撃をしていた同級生のフォームを観察した。足を大きく上げてタイミングを取る方法をまね、打撃は復調した。

     大事な場面で緊張しない理由は「『打てればヒーローだ』と思っているから」。恐れを知らない1年生の活躍に期待がかかる。

    かくた・ゆうと

     (1)右・右(2)174センチ、68キロ(3)船橋市立法田中(4)歌うこと(5)源田壮亮(西武)


    データの見方

    (1)投・打(2)身長、体重(3)出身中学校(4)趣味・好きなこと(5)憧れの人

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    関連サイト