メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外強制不妊救済法が成立
府高野連

講習会、審判員も「球春」準備 /京都

球際のプレーの判定を練習する審判員(左端)ら=京都市右京区のわかさスタジアム京都で、中津川甫撮影

 府高野連の春季審判講習会(市部・北部合同)が3日、京都市右京区のわかさスタジアム京都であった。20~60代の約50人が参加し、走者が塁に滑り込む際どい球際の判定などを入念に確認した。

 的確な判断能力の維持や高校野球のルール変更などに対応するため毎年2回実施している。参加者は投球や盗塁の判定を実際に…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 孫正義氏、ビットコインで145億円損失か
  2. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  3. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  4. ごみ部屋 女性を救出…体埋もれ、両足壊死
  5. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです