メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第91回選抜高校野球

津田学園選手紹介 谷頭幹太選手(1年) 力強く、堅実な打撃 /三重

津田学園の谷頭幹太選手=三重県桑名市のグラウンドで、谷口豪撮影

 <第91回センバツ>

     力強く、堅実なバッティングが持ち味の左打者。「代打の切り札」として佐川竜朗監督の信頼も厚い。

     福井県若狭町出身。小学3年から野球を始め、中学からクラブチームで硬式を始めた。当時、公式戦での打率は4~5割で、チームの中心的な存在だった。2017年、夏の甲子園に出場した河村信吾さん(当時2年)と同じクラブで、甲子園で活躍する姿をテレビで見て津田学園入学を決めた。

     「自分が貢献できるのはバッティング」。強くバットを振って野手の間を抜くことを目指し、しっかりとした選球眼を養うことも心がけている。昨秋の公式試合では出場機会はなかったものの、春に向けての準備は怠らない。

     「チームが少しでも盛り上がるように、ピンチの時でも、みんなのメンタルを切り替えられるような言葉をかけたい」と、ベンチでも積極的に声を出すことを心がけている。【谷口豪】=随時掲載


    素顔

     趣味は将棋。「相手の先を読む力が養われ、野球でも生かせる」と始めた。中学時代は休み時間にも友人たちと指していた。寝ることが好きで、11時間寝続けたこともある。

    〔三重版〕

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

    2. 宿泊キャンセル2215件 業務妨害容疑で母子逮捕 ポイント192万円分不正取得か

    3. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

    4. 首相の地元を歩く 「安倍か林か選べ」 下関で苛烈な自民の政争 「桜」前夜祭の参加者倍増を招いた市長選

    5. 「ホテル」「など」連発 首相は開き直った 「ご飯論法」上西教授と聞いた代表質問

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです