メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

輝け光星’19センバツ

甲子園に出発 「東北に力を」 /青森

バスに乗り込み、窓から手を振る八戸学院光星の選手ら=青森県八戸市で、北山夏帆撮影

 第91回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催)に出場する八戸学院光星の選手らは11日、八戸市内の野球部寮「青雲寮」を出発した。バスで約14時間かけて関西入りするといい、小野崎龍一校長ら学校関係者が見送った。

     午前4時ごろから荷物を積むなど出発の準備を始めた選手たち。武岡龍世主将は「ようやくセンバツの実感がわいてきた。光星らしいプレーで東北に力を与えたい」と意気込んだ。

     この日は東日本大震災の発生から8年。仲井宗基監督は「東北の代表として、夢を持って亡くなった同世代の子たちの思いも背負って戦う義務がある」と話し、「そのためにもまずは現地で万全な態勢を整えたい」と気を引き締めた。【北山夏帆】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

    2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

    3. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

    4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

    5. 避難所が被災 孤立の住民ようやく救出 福島郡山 新たな雨に不安深く

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです