メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

頂点に挑む

19’センバツ龍谷大平安 僕らも主役/3 川谷優真捕手(2年)/西川史礁選手(1年) /京都

 <第91回選抜高校野球>

    川谷優真捕手(2年)

     ブルペン捕手として先発投手の最後の仕上げや救援投手の調整に一役買う。「昨夏の甲子園は、ミットでいい音を出すことだけ考えていたが、今は投手としっかりコミュニケーションできる」。昨秋の近畿大会準々決勝では、2番手投手に「腕をゆったり、大きく振って」とアドバイスして送り出し、立ち直るきっかけをつくった。京都市左京区出身。

    西川史礁(みしょう)選手(1年)

     本来は遊撃だが、内野はどこでも守れる器用な選手。最近の紅白戦ではAチームに入ることもある。「もらったチャンスは絶対ものにしたい」とノックから1球ごとに真剣勝負で打球に食らいつき、巧打を磨いている。4学年上の兄、藍畝(らんせ)さんは、3年前に平安がセンバツ4強になった時の3番・遊撃。和歌山県日高川町出身。

    〔京都版〕

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. アニメ「エヴァンゲリオン」制作会社に放火予告 容疑で岡山の無職男逮捕

    2. スバル、群馬で完成車生産停止 部品調達先に浸水被害

    3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

    4. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

    5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです