メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

雑草魂

’19センバツ習志野 第4部・選手紹介/6 山本慶都投手/京極塁捕手 /千葉

習志野の山本慶都投手=秋丸生帆撮影

 <第91回選抜高校野球>

    弱気克服し大舞台で 山本慶都投手(2年)

     「憧れの選手は楽天の則本昂大投手」。内角を攻めきれない気の弱さを課題に感じ、同じ身長178センチで気迫あふれる投球を見せる右腕に憧れる。「弱気な自分を克服して試合に出たい」と大舞台での活躍を夢見る。

     中学3年で全国大会に出場した。2回戦に登板し、チームは大量得点で勝ったが、3失点で「チームに貢献したとは言えなかった」と振り返る。憧れていた習志野に入学したが、まだ公式戦の登板機会はない。

     秋の大会ではチームメートをベンチから見守ったが、「甲子園では自分が投げる」と冬を過ごした。140キロのバーベルを持ったスクワットで下半身を鍛え、寝る前に納豆と卵かけご飯を食べて体を作った。秋から約5キロ増の体重75キロと、目標の則本投手まであとわずかに迫る。「甲子園は一生に一度の大舞台。練習してきた全てを出して、悔いのない試合をしたい」

     趣味は愛猫「レオ」の世話。雄の三毛猫で、「一緒に寝ると練習の疲れも癒やされる」とほほえむ。

    やまもと・けいと

     (1)右・右(2)178センチ、68キロ(3)習志野第二中(4)猫の世話(5)則本昂大(楽天)

    習志野の京極塁捕手=秋丸生帆撮影

    チーム引っ張る存在に 京極塁捕手(1年)

     強豪の佐倉リトルシニアの正捕手として中学3年で出場した全国大会は全試合に出場し、優勝を果たした。170センチ、66キロと小柄だが、売りは肩の強さ。「捕手は守備の要で最後の要。チームの堅守に貢献したい」。塁が「とりで」と読めることから、名前の通り習志野のとりでとして期待がかかる。

     全国大会制覇の経験から秋の大会序盤は正捕手だったが、県大会3回戦以降はその座を譲った。「なんで野球をやっているのか」。試合に出られず焦りを覚えることもあったが、自衛官の父利和さんの「自分のやるべきことをやれ」という言葉に気持ちを改めた。正捕手の兼子将太朗選手(2年)を超えるため、冬のトレーニングでは、送球のコントロールや、打力の強化に取り組んだ。

     先輩と比較して力不足を感じる。盗塁阻止率や打率といった数字よりも特に足りないと思うものがある。「絶対に球を後ろにそらさない、点をやらないというオーラ。先輩を超えて、チームを引っ張る存在になりたい」と意気込む。

    きょうごく・るい

     (1)右・右(2)170センチ、66キロ(3)習志野第二中(4)音楽鑑賞(5)甲斐拓也(ソフトバンク)


    データの見方

     (1)投・打(2)身長、体重(3)出身中学校(4)趣味・好きなこと(5)憧れの人

    毎日新聞のアカウント

    4月3日の試合

    話題の記事

    関連サイト