メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第91回選抜高校野球

センバツ初出場筑陽学園 「甲子園で力に」強豪チアリーダー意気込む ナイン後押し /福岡

息の合ったチアリーディングを見せる筑陽学園応援リーダー部の生徒たち=福岡県太宰府市の筑陽学園で、宗岡敬介撮影

 <センバツ高校野球>

     23日に開幕する第91回選抜高校野球大会に初出場する筑陽学園(太宰府市)ナインを、同校のチアリーダーが後押しする。同校応援リーダー部は3年連続で全国大会に出場する強豪で、同じ全国の舞台に挑む仲間にアルプス席から声援を送る。

     応援リーダー部はイエローパンサーズのチーム名で「JAPAN CUP チアリーディング日本選手権」に3年連続で出場する。中学・高校合わせて27人の部員が週5日の練習に励んでいる。

     甲子園には、今春に高校1年になる生徒を含め20人近くが参戦する予定。部を総括する稲光康平教諭(35)は「甲子園での応援は普段はできない経験。少しでも力になれれば」と力を込める。

     野球部の応援のため、15パターンほどの振り付けを用意している。佐々木暖(はる)部長(2年)は「元気と笑顔と声はどこにも負けない。甲子園は広いと聞き緊張するが、頑張って振り付けをそろえたい」と意気込んでいる。【宗岡敬介】

    〔福岡都市圏版〕

    毎日新聞のアカウント

    4月3日の試合

    話題の記事

    関連サイト