メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

センバツ平成の名場面

/46 第85回大会(2013年) 剛腕攻略、浦和学院が頂点

五回2死満塁から浦和学院の山根佑太外野手が済美の安楽智大投手から中前に勝ち越しの2点適時打を放つ=2013年4月3日、徳野仁子撮影

 2013(平成25)年の第85回大会は春夏通じて初の決勝に進んだ浦和学院(埼玉)が、2度目の優勝を目指した済美(愛媛)に大勝、9回目の出場で初優勝を果たした。埼玉県勢の甲子園優勝は1968(昭和43)年の第40回大会の大宮工以来。

     浦和学院は前年秋の関東地区大会で史上初の3連覇を遂げ、優勝候補の一角に挙げられていた。エース左腕・小島(おじま)和哉投手(ロッテ)が安定し、打線にも積極性のある強打者が並んでいた。甲子園でも4番・高田涼太内野手が史上2人目の3試合連続本塁打を放ち、危なげなく決勝に進出した。

     一方、済美は球速150キロ超の大型右腕・安楽智大投手(楽天)が大黒柱。延長十三回にもつれ込んだ初戦(2回戦)の広陵(広島)戦から4試合連続完投で同校を9年ぶりの決勝に導いた。

     立ち上がりから2年生エース同士の投げ合いが続いた決勝。試合が大きく動いたのは五回だった。浦和学院は小島投手の適時打で追い付き、2死満塁から主将の3番・山根佑太外野手の2点適時打で勝ち越し。安楽投手にさらに4安打を浴びせ、一気に7点を奪った。

     山根外野手から始まった5連打は全て2球目以内。「好球必打」で剛腕攻略に成功した。六回限りでマウンドを降りた安楽投手の投球数は5試合で計772球に上った。

     浦和学院は八回も打者一巡の攻撃で8点を追加。決勝での17得点は、第78回大会(06年)の横浜(神奈川)の21得点に次ぐ歴代2位の猛打だった。=つづく


     ▽決勝

    済美

      010000000=1

      00007208×=17

    浦和学院

    毎日新聞のアカウント

    4月3日の試合

    話題の記事

    関連サイト