メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

甲子園経験監督がジンバブエ野球代表を指揮 東京五輪出場めざす

ジンバブエ代表の投手に直接指導する堤尚彦監督(左)=岡山県浅口市で、戸田紗友莉撮影

 春夏2回の甲子園出場経験がある現役の高校野球監督が、アフリカ・ジンバブエの野球代表監督に就任した。おかやま山陽(岡山県浅口市)の堤尚彦監督(47)。青年海外協力隊員としてジンバブエで野球を教えた縁で、白羽の矢が立った。異例の二足のわらじで、2020年東京五輪の出場を目指す。

2018年12月にジンバブエ入りし、青年海外協力隊時代の教え子たちと再会した堤尚彦監督(中央)=堤監督提供

 兵庫県出身。小学校から野球を始め、名門・東北福祉大に進んだが、選手としては芽が出なかった。卒業後の進路に悩んでいた頃、ジンバブエで野球を教える青年海外協力隊員をテレビで知った。番組で隊員が話した「自分の後、教える日本人がいなくなる」との言葉に突き動かされ、自らも応募。1995年、野球普及のためジンバブエに渡った。

ユニホームを着て整列するジンバブエ代表。最後列右端が堤尚彦監督=堤監督提供

 かつて英国の植民地で、サッカーやクリケットが盛んだが、野球はほとんど知られていない。「学校に飛び込みで入り、『野球を教えたいので体育の時間がほしい』と直談判した」と振り返る。日本から送ってもらったバットやボールを手に各地を回り、2000人以上に野球を教えた。

 2年の任期を終えて帰国。会社員をしながら、「野球の裾野を広げたい」と東南アジアの選手らに野球を教える活動も続けた。06年、おかやま山陽の野球部監督に就任。17年夏に同校を初の甲子園出場に導き、翌18年春にも出場した。

1995年にジンバブエへ渡り、野球を広める活動をしていた当時の堤尚彦監督=堤監督提供

 代表監督への就任は15年、来日したジンバブエの野球協会会長から直接打診された。日本高校野球連盟から正式な承認も得て、昨年12月には選手選考や合宿のため約20年ぶりにジンバブエの地を踏んだ。再会した元教え子から涙ながらに握手を求められ、「今の自分があるのはジンバブエでの2年間のおかげ」との思いを強くした。

 今月6日、ジンバブエ代表の投手3人が来日。おかやま山陽のグラウンドで部員と一緒に練習し、けん制球の投げ方など基本プレーを堤監督から英語で教わっている。コーレン・ピカ投手(19)は「ジンバブエにはマウンドがなく、日本のグラウンドにはまだ慣れない。堤監督はたくさんのことを知っていて、尊敬している」と話す。

 4月下旬には五輪アフリカ予選があり、開催地の南アフリカに乗り込む。高校の県大会と時期が重なり、部員の指揮はコーチ陣に任せる予定だ。五輪出場枠はアフリカと欧州で一つ。予選の同じ組には大リーガーを多数輩出する強豪・南アフリカがいるが、「諦めずにやっていれば道は開ける。挑戦する姿を部員たちにも見てほしい」と目を輝かせる。【戸田紗友莉】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

  2. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  3. 北海道警ヤジ排除「法的根拠なく違法逮捕」元道警方面本部長・原田氏 発生3カ月 

  4. ORICON NEWS 令和初の高校サッカー応援歌は史上初づくし デビュー前の現役高1生・三阪咲を抜てき

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです