メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第91回選抜高校野球

組み合わせ決定 ギア一つ上げて 注目カード続々

選手宣誓を引き当てた広陵の秋山功太郎主将=大阪市北区の毎日新聞大阪本社オーバルホールで2019年3月15日、幾島健太郎撮影

 <2019 第91回センバツ高校野球>

     「平成最後の甲子園」の組み合わせが、15日決まった。大阪市内で開かれた、第91回選抜高校野球大会(毎日新聞社など主催)の抽選会。23日の開幕日に、一昨年準優勝の履正社(大阪)と、今大会の主将アンケートで優勝候補筆頭に挙がった星稜(石川)が対戦するなど注目カードが次々と決まった。出場32校の主将らがくじを引き、対戦相手が決まる度に会場にはどよめきが広がり、選手たちは表情を引き締めた。【石川勝義、姜弘修、矢倉健次】

     創部10年目で春夏を通じ初の甲子園となる札幌大谷(北海道)は、第2日に選手16人の米子東(鳥取)と対戦する。札幌大谷の飯田柊哉(しゅうや)主将(2年)は「相手は部員が少ない分、絆が強いはずだが、自分たちも負けていない。日程が決まったのでギアを一つ上げて練習に取り組む」と言い切った。

     21世紀枠で同様に初出場の石岡一(茨城)は第3日に登場。酒井淳志主将(2年)は「家族、指導者、地域の方々などさまざまな人の応援があり、やっと出場できた」と語り、盛岡大付(岩手)との初戦に向け「観戦している人に元気を与えられるような力強いプレーで勝ち上がっていきたい」と意気込んだ。

     筑陽学園(福岡)の江原佑哉主将(2年)も「出場が決まってから通学中に『頑張れよ』と声を掛けられるようになった。甲子園ではプレッシャーを感じずに初出場らしいフレッシュなプレーを見せ、地元の期待に応えたい」と話した。

     一方、甲子園の常連校も対戦相手が決まり、決意を新たにした。歴代最多41回目出場の龍谷大平安(京都)は第3日が初戦。水谷祥平主将(2年)は「伝統校として恥ずかしい試合はできない。チームの持ち味である元気、負けん気を前面に出し、支えてくださる方たちに『よう頑張ったなあ』と言ってもらえる大会にする」とアピールした。

    宣誓「全員で考える」 広陵主将

     選手宣誓は広陵(広島)の秋山功太郎主将(2年)に決まった。くじが当たった瞬間、驚いた表情で右手を挙げた。感想を問われると「避けたかったです。びっくりだけです」と打ち明けつつ、「チーム全員で考えて、いいものをつくりたいと思います」と意気込んでいた。

    毎日新聞のアカウント

    4月3日の試合

    話題の記事

    関連サイト