メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

輝け光星’19センバツ

組み合わせ抽選 初戦は広陵と 第4日第2試合に登場 両監督、主将の話 /青森

名門相手楽しみ 八戸学院光星・仲井宗基監督

 広陵は投打ともレベルが高い「超名門」。名門校との対戦はこちらも成長でき、部の伝統にもなるので楽しみだ。ぶざまな試合はできない。冬に全てを鍛えたので、成長した姿を見せたい。

    勝ちにこだわる 八戸学院光星・武岡龍世主将

     くじを引いた瞬間、「わっ」と思った。広陵は投手が良いと評判だ。全国優勝もしている学校なので隙(すき)のない野球をしてくると思うが、少しずつこじ開けて、勝ちにこだわっていきたい。

    夢舞台前に調整 広陵・中井哲之監督

     選手宣誓は光栄なこと。生徒が内容を考えて立派に務めてほしい。チーム内のポジション争いが激しかったが、ようやく調整に専念できる。夢舞台でこれまでやったことを信じて戦いたい。

    いい試合したい 広陵・秋山功太郎主将

     八戸学院光星に中学時代、選抜チームで一緒に遠征した選手がエースをはじめ数人いるので、お互いどれだけ成長したかが楽しみ。力のある相手だと分かっているが、いい試合をしたい。

    毎日新聞のアカウント

    8月17日の試合

    話題の記事

    関連サイト