メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がんばれ!習志野

第91回選抜高校野球 練習信じ自分たちの野球を 09年度卒の元主将・宮内幸樹さん /千葉

 <センバツ高校野球>

    宮内幸樹さん(27)=習志野市

     09年春のセンバツで最も記憶に残っているのは彦根東との初戦です。第1打席に立った瞬間、大声援が聞こえ、緊張から体が全く動かなくなりました。甲子園独特の熱気を感じた瞬間です。こればかりは準備のしようがありませんでした。

     卒業後は消防士として働いています。命の危険を伴う現場で働く上で大切なのは、現場の仲間との信頼関係。高校時代に甲子園という目標のために仲間と協力しあった経験が生きています。

     私たちが意識していたのは「誰が出てもその個性を生かすこと」でした。私も2番打者の役割を果たそうと必死に小技の練習をしました。試合で活躍するには日々の練習で自信をつけるしかありません。甲子園では練習の成果を信じ、自分たちの野球を見せられるよう頑張ってください。

    毎日新聞のアカウント

    4月3日の試合

    話題の記事

    関連サイト