メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

四国の「野球のまち」

北信越と縁 にぎわい呼ぶ力、確信 徳島・阿南市元課長・田上重之さんに聞く /新潟

 四国に、北信越地区の高校野球チームと交流を続ける自治体がある。野球による町おこしを掲げる徳島県阿南市で、「野球のまち推進課」を創設して9年。以降は毎年のように北信越地区にあるセンバツ出場校の合宿を受け入れており、今月には啓新(福井県)も5日間滞在した。仕掛け人で同課の初代課長を務めた田上重之さん(66)に交流の経緯や効果を聞いた。【聞き手・塚本恒】

この記事は有料記事です。

残り980文字(全文1156文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 偶然に導かれ「再会」切手から身元判明の平塚真澄さんの遺骨、遺族へ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 新たに30代母と2歳女児の軽傷が判明 死傷者は計12人に 池袋暴走事故
  4. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  5. 飯豊まりえ ホラー映画「シライサン」で初単独主演 乙一が長編監督デビュー

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです