メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

四国の「野球のまち」

北信越と縁 にぎわい呼ぶ力、確信 徳島・阿南市元課長・田上重之さんに聞く /新潟

 四国に、北信越地区の高校野球チームと交流を続ける自治体がある。野球による町おこしを掲げる徳島県阿南市で、「野球のまち推進課」を創設して9年。以降は毎年のように北信越地区にあるセンバツ出場校の合宿を受け入れており、今月には啓新(福井県)も5日間滞在した。仕掛け人で同課の初代課長を務めた田上重之さん(66)に交流の経緯や効果を聞いた。【聞き手・塚本恒】

この記事は有料記事です。

残り980文字(全文1156文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  2. 警察がユニークなポスターで若者「確保」 志望者減続き
  3. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. 竹島、最古の地図発見 1752年に航路示す

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです