メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第91回選抜高校野球

津田学園が練習試合 愛工大名電に1勝1敗 気引き締め /三重

【津田学園-愛工大名電】練習試合第2試合、六回表津田学園2死満塁、小林が走者一掃の適時三塁打を放つ=三重県桑名市の津田学園グラウンドで、谷口豪撮影

 <第91回センバツ>

     津田学園(桑名市)は16日、同校グラウンドで愛工大名電(愛知)との練習試合2試合を行った。前日に甲子園の初戦の相手が龍谷大平安(京都)に決まって初めての練習試合となった1試合目は1-2で敗れたが、2試合目は8-2と快勝した。それでも佐川竜朗監督は「自分たちに力が足りていないことがわかった。まだまだ自分たちのことで精いっぱいだが、残りの1週間でチームを一つにまとめたい」と気を引き締めた。

     1試合目は初回に1点を先制され、八回にも追加点を奪われた。津田学園は1点を返すも一歩及ばなかった。2試合目は初回に藤井久大選手(2年)の本塁打で1点を先制。六回には小林世直選手(1年)の走者一掃の適時三塁打などで4点を追加。その後も勢いにのりさらに突き放した。

     主戦の前佑囲斗投手(2年)は第1試合で先発し、6回1失点で降板。前投手は「甲子園まで残り1週間。今日のようなプレーをしないように、もっと厳しく意識を変えて練習に励みたい」と誓った。【谷口豪】

    〔三重版〕

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 植松被告接見一問一答(18~26回目)「死刑になるつもりはないです」「価値のある人間になりたいと思っていた」

    2. 桜を見る会 内閣府「論理破綻」の内幕と説明 名簿廃棄後も復元試みず

    3. 小泉環境相、石炭火力の輸出制限表明を見送り COP演説 国際的反発必至

    4. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

    5. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです