メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

頂点に挑む

19’センバツ龍谷大平安 名勝負選=番外 栄誉の選手宣誓 /京都

第41回選抜高校野球大会の開会式で選手宣誓をする平安の川本浩次主将=兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で1969年3月27日

 <第91回選抜高校野球>

     春夏の甲子園で開会式の華といえる選手宣誓。龍谷大平安(平安、平安中)の選手として初めてこの栄誉に浴したのは、27回目出場となった第41回センバツ(1969年)の川本浩次主将だった。

     抽選会で1番クジを引き、3月27日の本番では26校の入場行進などに続いて「選手一同スポーツマンシップにのっとり正々堂々と戦うことを誓います」と、伝統校らしくしっかりした口調で宣誓した。

     チームメートからは励まされたり、冷やかされたりだったというが、大役を終えると「胸が締め付けられるような感動でいっぱいだった」と振り返った。

     大会では初戦の2回戦で三重(三重)と対戦。1~4番に左打者を並べた強力打線が中盤まで沈黙したのが痛く、七、八回に1点ずつ返して九回も無死満塁と攻めながら得点できず、2-6で敗れた。この試合で勢いを増した三重は、紫紺の大旗を初めて伊勢路に持ち帰ることになる。【矢倉健次】

    〔京都版〕

    毎日新聞のアカウント

    4月3日の試合

    話題の記事

    関連サイト