メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

センバツ平成の名場面

/49 第87回大会(2015年) 背番号17が活躍、福井勢初V

初優勝を果たし、両腕を広げて喜びを表す敦賀気比の平沼翔太投手ら=2015年4月1日

 2015(平成27)年の第87回大会は、2年ぶり6回目出場の敦賀気比(福井)が春夏を通じて初優勝を果たした。北信越勢のセンバツ制覇は1954(昭和29)年の第26回大会の飯田長姫(現飯田OIDE長姫=長野)以来、61年ぶり。福井県勢は初優勝で、紫紺の優勝旗を獲得した都道府県は一つ増え、計28都府県となった。

     前年夏の甲子園で4強入りの原動力となった平沼翔太投手(日本ハム)が健在。攻撃陣も平沼投手の他、開会式で選手宣誓した篠原涼内野手ら前チームからのレギュラーが残り、順当に勝ち進んだ。準決勝の大阪桐蔭戦では、背番号17の松本哲幣外野手が春夏通じて初となる2打席連続満塁本塁打を放ち、11-0と圧勝した。

     もう一方のブロックを勝ち上がったのは東海大四(北海道)。エース大沢志意也投手が準決勝までの4試合のうち3試合で完投して、北海道勢として、63(昭和38)年の第35回大会で準優勝した北海以来となる2度目の決勝に進んだ。

     大一番は、平沼、大沢両投手が力投。1-1で迎えた八回の攻防が明暗を分けた。東海大四は八回、二塁打と失策で無死二、三塁の好機を作ったが、スクイズを外されて三塁走者がタッチアウト。得点できなかった。

     その裏、敦賀気比は1死二塁から松本外野手が2試合連続となる本塁打を左翼ポール際に放ち、決勝点を挙げた。前日の個人1試合最多打点8の大会新記録に続き、史上10人目のタイ記録となる個人1大会3本塁打で栄冠に花を添えた。=つづく


     ▽決勝

    東海大四

      100000000=1

      10000002×=3

    敦賀気比

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

    2. 男子3位の大迫傑「完敗。悔しい。最低でも2番と考えていて、中途半端」 MGC

    3. 男子1位は中村匠吾 愚直な努力家、2度のスパートで「4強」破る MGC

    4. MGC STORY 鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

    5. MGC STORY 前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです