メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第91回選抜高校野球

国士舘ナイン、いざ甲子園へ /東京

甲子園に向けて学校を出発する国士舘の選手たち=東京都世田谷区若林4の同校で、川村咲平撮影

 <第91回センバツ>

     23日に開幕する第91回選抜高校野球大会(日本高野連、毎日新聞社主催)に出場する国士舘(世田谷区若林4、福田三郎校長)の選手らが19日、甲子園に向けて出発した。

     選手らは午前にあった終業式に出席した後、そろって学校からJR東京駅に移動し、新大阪行きの新幹線に乗り込んだ。ホームには「父母会」の渡辺克哉会長(55)ら役員が駆けつけ、ナインを見送った。

     エースの白須仁久投手(2年)は「いよいよ本番が近づき、緊張感が高まっている」と語り、松室直樹主将(2年)は「対戦相手が決まったので、挑戦者のつもりで臨みたい」と健闘を誓った。

     これまでに春夏通じてチームを甲子園に8回導いた永田昌弘監督は「チーム状態は良いと感じている。打撃練習を中心にやってきたので、残り期間は守備の連携を確認したい。選手は結果を恐れず、挑戦する気持ちを持ってほしい」と話した。

     選手は20日に甲子園練習を行った後、兵庫県内で調整して27日の明石商(兵庫)戦を迎える。【川村咲平】

    〔都内版〕

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

    2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

    3. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

    4. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

    5. 王将戦リーグ 藤井七段が久保九段破り首位タイ 19日に挑戦権かけて広瀬竜王戦

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです