メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第91回選抜高校野球

桐蔭学園 きびきび 甲子園室内練習場で調整 /神奈川

室内練習場で調整する桐蔭学園の選手たち=阪神甲子園球場で、幾島健太郎撮影

 <第91回センバツ>

     23日開幕の第91回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催)に出場する桐蔭学園は19日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で練習に臨んだ。雨の影響で室内練習場での調整となり、持ち時間の1時間、選手たちはきびきびとした動きで打撃練習などに取り組んだ。

     打撃中心でメニューを組み、各打者は投手の放った球を次々と打ち込んだ。快音を響かせる度に「ナイスバッティング」と声を掛け合い、互いのフォームを確認し合っていた。

     森敬斗主将(2年)は「グラウンドで練習できなかったのは残念だったが、練習内容は悪くなかった」と振り返った。桐蔭学園3年時に夏の甲子園を経験した片桐健一監督は「人生に影響を与える場所。選手たちには、さまざまな人に支えられてここまで来られたことを感じてほしい」と話した。【加藤佑輔】

    毎日新聞のアカウント

    4月3日の試合

    話題の記事

    関連サイト