メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ともに前へ

センバツ 広陵・呉、甲子園練習 初戦へ気持ち高め /広島

阪神甲子園球場の室内練習場で素振りをする広陵の選手たち=兵庫県西宮市で、山田尚弘撮影

 <第91回選抜高校野球>

     23日開幕の第91回選抜高校野球大会に出場する広陵と呉が19日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で練習に臨んだ。この日はあいにくの雨で室内での調整となったが、選手たちはきびきびとした動きでに練習に励んだ。

     両校とも当初はグラウンドで主に守備練習を想定していたが、打撃を中心にメニューを組み直した。

     広陵の中井哲之監督は「平成最後の甲子園に出られるのは光栄。やる以上は頂点を目指して頑張りたい」と話した。開会式で選手宣誓をする秋山功太郎主将(2年)は「喜びをかみ締めてしっかり宣誓する。試合では守備からリズムを作り、ペースをつかみたい」と意気込んだ。

    1球1球に思いを込めて、打撃練習をする呉の選手たち=阪神甲子園球場で、幾島健太郎撮影

     呉の中村信彦監督は「球場内の練習を通して選手が(甲子園の雰囲気に)慣れてくれたら」と期待。開幕試合で市和歌山と対戦する予定で、中軸を打つ田辺舜治選手(2年)は「打撃練習では低い球に手を出さないよう心掛けた。『楽しみ』という気持ちが強くなった」と語った。【加藤佑輔、金子昇太】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

    2. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

    3. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

    4. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

    5. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです