メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第91回選抜高校野球

習志野 「甲子園楽しめ」 ベンチ入り逃した選手エール /千葉

エールを送る習志野の田辺秀馬選手(前列右から3人目)ら=千葉県習志野市の同校第2グラウンドで、秋丸生帆撮影

 23日開幕の第91回選抜高校野球大会に出場する習志野は、登録選手ら約30人が18日に甲子園に入り、日章学園(宮崎)との初戦に向けて調整を続けている。ベンチ入りを逃した約20人の選手は習志野市内の同校グラウンドに残って練習に励んでおり、「甲子園を楽しめ」とナインにエールを送っている。

     練習でチームを引っ張る田辺秀馬選手(3年)は「大舞台に力が入りすぎている選手もいるだろうけど、リラックスして初戦までを過ごしてほしい」。昨秋の県大会後に腰を負傷してメンバーを外れ、約2週間前に練習に復帰したばかり。田辺選手は「ベンチ入りを逃したのは悔しいが、チームの状態はとてもいい。甲子園では100%の力を出し切ってほしい」と期待した。【秋丸生帆】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    関連サイト